ss21のブログ

気になった事とか色々

薄闇

人は1日寝る、これは生きるために必要なことである。

なのに私は、寝ていなかった。

時刻は午前4時、気晴らしに外に出よう。そして、先日も乗った自転車に跨る。

外に出ればやはり空気が心地よい。誰一人いない薄闇に私は在る、ほかに存在するのはしいて言えば虫だ。

ペダルを踏んで進み出せば、私を包む闇を切り裂くようにライトが点灯する。

そよ風が心地よい、木々が爽やかに揺れている、このまま朝日を見ようと思った矢先にポチポチと雨が降ってきた。なんと残念、先程まで心地の良いそよ風に吹かれていたのに…仕方がない、帰宅しよう。

帰った私はシャワーを浴びた。まぁこんなこともあるか、なんて自分を励ましてみせた。

今回は運がなかったが、また朝に出かけてみてもいいかもしれない。